LED照明は優しい

電球が切れる

多くの人が、日々照明に助けられています。
夜、家の中の照明を消していては、何もすることが出来ません。照明を利用することで、夜でも色々な作業を行うことが出来ます。
また、深夜に人気のない道を通る際、街灯が点いていなくては不安をいだいてしまいます。
社会の安全における、照明の貢献度は無くてはならないほど莫大なものなのです。
しかし、毎日使う照明には、当然エネルギーが必要です。
多くのエネルギーは発電による電気でまかなわれており、環境に良いとはいえません。しかし、照明の使用を控えるというのも難しい話なのです。
その為、多くの家庭や企業が、LED照明を使用しています。

LED照明は、1990年代に開発された比較的新しい照明です。
ですが、最近は信号機など公共物や住宅の照明など、非常に多くの場所で使われています。
その理由は、圧倒的な消費電力の低さと寿命の長さにあるのです。
LED照明の消費電力量は、従来の照明の半分以下と言われています。仮に現在のエネルギーがあと100年で尽きてしまうとするならば、200年以上は使うことが出来る計算になります。
また、寿命の長さも大きなメリットの一つです。通常の電球の寿命は1000時間ほどと言われていますが、LED照明電球はその約40倍の長さである40000時間とも言われています。年数に換算すると、10年以上は持つという計算なのです。
地球にも、そして家庭の経済状況にも優しいのが、LED照明の最大の利点なのです。